善玉菌の働きの詳細

人の腸の中には多くの細菌が存在しています。
その中でも腸の消化や吸収などの働きを活発にしたり、免疫力を高めるような体に良い作用のある細菌を善玉菌といいます。
反対に発ガン物質や有害物質を作り出し、体に害を与える作用のある細菌を悪玉菌といいます。

善玉菌でよく知られているのが腸内ビフィズス菌や腸球菌で、糖分や食物繊維などを食べて乳酸や酢酸を作り出しています。
これによって腸の中が酸性に保たれ、外から入ってくる病原菌や細菌による下痢などを予防、悪玉菌が増えるのを防いでくれます。
反対に大腸菌やブドウ球菌などの悪玉菌は、腸の中に残った食べ物のカスを腐敗させて有害物質を作り出します。
これによって腸内環境が悪くなり便秘や下痢を繰り返したり、さらには生活習慣病やガンの原因となっていきます。

健康な腸は善玉菌と悪玉菌の均衡がとれているのですが、体力の低下やストレス、睡眠不足などによって腸内環境が崩れると悪玉菌が増えてくるのです。
便秘解消や生活習慣病の予防のためにも、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが大切になります。
善玉菌が多く含まれているヨーグルトや漬物、キムチなどの乳製品や発酵食品を毎日の食事に摂り入れて、善玉菌が優位になるように便秘が解消するよう心がけましょう。
また、普段の食生活の見直しも便秘解消には必要なことです。
便秘解消には食物繊維の豊富な食材を食べることを意識していきましょう。