ストレス社会が便秘の原因

便秘の原因は人によって違い、症状や対処方法もさまざまです。
偏った食生活や運動不足などがあげられますが、ストレスによっても便秘になります。
腸の働きは自律神経と大きく関わりを持っているため、ストレスによって自律神経が乱れると腸の働きが悪くなりこれになってしまうのです。
ストレス便秘の原因は自律神経の乱れの他にも、筋肉の緊張、食欲不振、運動量の低下などがあります。

精神的ストレスによって自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスが崩れるため腸の機能が低下します。
そのため腸のぜん動運動が弱くなり便秘になるのです。
また便秘もストレスになるため、悪循環となってしまい、さらにこれを悪化させてしまうのです。
筋肉が緊張するとお腹が固くなり、内臓の働きや血液の流れが悪くなってしまいます。
お腹を触って固い部分がある時は、マッサージをすると緊張がほぐれます。

ストレスが溜まると食欲も減ってきます。
食事量が減ると便の量も減るため、排便されずに便が溜まり便秘になります。
また疲労感やだるさから体を動かすことが減り運動量が低下してきます。
運動不足は便秘の原因となってしまいます。
ストレスは便秘の原因となり、さらに便秘を悪化させてしまう場合もあります。
趣味や軽い運動などで上手にストレスを発散させることが便秘解消につながります。