妊婦さんに効果が期待できる便秘解消の漢方

妊娠すると女性の体は大きく変化します。
ホルモンの影響やつわりによる食事量の減少、さらにお腹が大きくなると腸が圧迫されることも便秘の原因になります。
またお母さんが食べた栄養や水分はお腹の赤ちゃんへ送られるため、水分不足によっても便秘にもなります。

普通の人でも便秘は辛いものですから、妊娠中はお腹の赤ちゃんと便秘でさらに辛い状態になってしまいます。
酷くなる前に早めの対処で便秘解消した方がよいでしょう。
便秘で辛い時は下剤を使いますが、妊娠中は早産や流産の危険性があるため安易に下剤を使うことはできません。

妊娠中でも使える便秘薬といえば体に優しい漢方薬です。
天然成分の漢方薬は、効き目が穏やかで病院でも処方されることがあります。
体に優しい漢方薬ですが成分によっては妊娠中に使えないものもあります。
漢方薬の一つである大黄には子宮を収縮させる作用があるため、早産や流産の危険性があります。

毎日の食事に食物繊維を多く摂り入れたり、こまめな水分補給をする、ビフィズス菌やオリゴ糖などで腸内環境を整えることで便秘解消することが大切です。
バナナやリンゴにヨーグルトをかけると、食物繊維とビフィズス菌を一緒に摂ることができます。
それでも便秘になってしまった時は、酷くなる前に病院で相談することも便秘解消方法の一つです。