妊婦さんに好まれている便秘解消方法

妊娠すると女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌が活発になります。
黄体ホルモンは妊娠にとって重要な働きをするホルモンですが、腸の働きを抑制する作用があります。
そのため腸のぜん動運動がスムーズに行われず便が溜まってしまいます。
長く便が留まると水分が吸収されて固くなりさらに便秘が悪化してしまいます。

またつわりによって食事の量が減ると便の量も減りますし、お腹が大きくなると内臓を圧迫して便が通りにくくなってしまいます。
このように妊娠中は便秘になりやすい体になってしまうのです。

妊娠初期から安定期に入るまでは運動は控えた方が良いため、食生活の改善から便秘解消を試みると良いでしょう。
食物繊維の多い食材を使う、腸内環境を整えてくれるヨーグルトやオリゴ糖などを摂る、砂糖を便を柔らかくしてくれる作用のある黒糖に変えるなどで便秘になりにくい腸内環境を作ります。
オリーブオイルも便秘解消に良いそうなので、普段の料理に使う油をオリーブオイルに変えると良いでしょう。


安定期に入ると軽い運動ができるようになります。
ウォーキングやマタニティヨガなどの軽い運動は便秘解消だけではなく、気分転換やストレス発散にもなります。

妊娠後期になると強くいきむことが困難になります。
そのためすっきりとした排便ができずに便が残ってしまうことも便秘を悪化させてしまいます。
食事や運動でも便秘が解消されない時は、無理をせず病院で相談することも必要になります。