便秘解消に効果的な薬

下剤を使わずに便秘が解消されることが、腸にとっても一番良いのですが、食事の改善や運動でも便秘解消されない時は薬を使って排便することも大切になります。
便秘を長く放置すると、腸閉塞など他の病気になる可能性があるからです。

便秘の原因がいろいろあるように、下剤も腸への効果によって種類があります。
便秘の原因や症状によって使う下剤が違います。
また長い間下剤を使うと効果が得にくくなるため、定期的に種類を変えることで持続的に効果を得ることができます。

腸の水分を吸収して便を柔らかくする塩類下剤や、多めの水分を一緒に摂ると大腸で膨張し、便の量を増やす膨潤性下剤があります。
どちらも常用性や副作用が少ない下剤ですが、ストレスが原因の痙攣性便秘には効果がありません。

刺激性下剤は腸の粘膜を直接刺激することでぜん動運動を促す下剤です。
大腸刺激性下剤と小腸刺激性下剤がり、便秘に使われるのは大腸刺激性下剤です。
腸を刺激することで便を出すため、長く使うと腸の働きが鈍くなり自然の便意がおきなくなるため注意が必要です。

下剤は刺激が強すぎると腹痛を伴うことがあります。
下剤では効きすぎるという場合は、整腸剤や漢方薬もあります。
整腸剤は腸内環境を整えることで、穏やかに便秘解消にみちびいてくれます。