腹痛時の便秘解消方法

便秘が長く続いているとお腹が痛くなることがあります。
便秘によって腸の中に便が溜まっていると、便が腐敗してガスが発生します。
溜まっている便とガスが腸の中で一杯になり、他の臓器を圧迫するため痛みがでることがあります。

またお腹の中に長く溜まった便は、水分が吸収され堅くコロコロとした便になります。
堅くなった便が腸のぜん動運動で動くことで痛みを感じることもあります。

便秘でお腹が痛くなる時は、腸に溜まったガスを移動させることで痛みが軽減します。
横に寝ると腸の中をガスが移動しやすくなります。
このとき膝を少し胸の方に引きつけ、お腹を丸めるようにするとガスが移動しやすくなります。

お腹や腰を温めると、腸の動きが活発になります。
またお腹を時計回りに軽くマッサージすると腸が刺激され、ぜん動運動が活発になります。
へその周りには便秘解消に効果のあるツボが集まっているので、へその周りを刺激することも効果があります。

ガスを移動させることで一時的に痛みは軽くなりますが、原因となっている便秘を解消しなければ、またガスが溜まりお腹が痛くなってしまいます。
食事に水溶性植物繊維を摂りいれる。
ウォーキングや体操など軽い運動をする。
水分を多めに摂ることを心掛けると便秘解消につながります。