出てきたお腹に対して行う便秘解消方法

ダイエットしているのに下腹部だけぽっこりがとれない、お腹が張って苦しい時がある、そんな人は便秘が原因かもしれません。
3日以上便が出ていない、便が出てもすっきりしない場合は、腸の中に便が溜まってぽっこりお腹になっている可能性が高いです。
腸の中に長く便が溜まっていると、腐敗してガスが発生します。
腸の中に便とガスが溜まることで、ぽっこりお腹になってしまうのです。

ぽっこりお腹を解消しようと食事制限ダイエットをすると、さらに便秘を悪化させることになります。
腸は便が溜まることで便意が起こります。
食事の量を減らすと便の量も減ってしまうため、便意が起こりにくくなります。
そのためさらに便秘が悪化していくのです。

ぽっこりお腹を解消するには、原因となる便秘解消が重要になります。
このような便秘の改善には、食事や運動などの生活習慣を見直すことで改善されることがあります。
食事に海藻類やこんにゃく、果物などの水溶性植物繊維を摂り入れると、便を柔らかくして出しやすくしてくれます。
ウォーキングや体操のような軽い運動を摂り入れて体を動かすことも効果があります。
また、便秘解消にはマッサージも効果的なので、へその周りにある便秘に効くツボを押すような感覚で時計回りにマッサージをすると腸が刺激されて動きが良くなります。